スマートスピーカーの決定版!SonosOneで毎日の生活に音楽が溢れ出した

 

こんにちは、モスです。

コロナ禍でなかなか外出がしづらい日々が続いていますね。

こんな状況ですので、今まで以上に家の中が快適かどうかの重要性が増しています。

そんな中、雑誌で偶然「Sonos(ソノス)」と言うオーディオメーカーの存在を知りました。

そこでは、Sonosの音質の素晴らしさ、複数のスピーカーが自在に繋がり家中が音楽で溢れる様子が紹介されていました。

そのコンセプトに妙に惹かれた僕は、Sonosのことが気になり過ぎて、夜も眠れないほどになってしまいました笑

 

日本ではまだ知名度低いけど、実はSonosって凄い

日本でSonosのこと知ってるよって方はかなりの情報通の方なのではないでしょうか。

少なくとも僕は全く知りませんでした。

多分身近な友人にSonosの話題を振ってみっても、何それ?と言うリアクションをされることが多いでしょう。

ただ、このSonosという会社、調べてみると世界的には既にかなり有名な会社だということがわかりました。

Sonosが日本でオンライン販売を開始したのは2018年と最近なのですが、創業自体は2002年です。

米国のスマートスピーカー市場では、既にAmazon、Google、Appleに次ぐ第4位のシェアとなっています。

特に音質にこだわる層をターゲットとした製品を販売しており、その高い音質と家中のSonosスピーカーが繋がり音楽を流すことができるシステムが支持されています。

 

Sonosのすごいところ

① 高音質

スマートスピーカーでありながら高音質という特徴を持つSonosのスピーカー。キレの良い低音と、特に中高音域の音質が絶賛されています。

 

② 家中のSonosスピーカーがワイヤレスで簡単につながる

家中のスピーカーがアプリから簡単につながるのがSonosの最大の魅力。最初からシステムを組まなくても、追加で購入したスピーカーが簡単にシステムの一部に加わり、全てのスピーカーを同時に鳴らすことができます。また、反対に違う部屋で別々の音楽を聴くということもアプリから思いのままにできます。

 

③ 「TruePlay」で最適な音響設定に

SonosアプリのTruePlayという機能は、テスト音源をスマホで再生し、部屋の音の反響をスピーカーが判断し自動でチューニングを行うシステムです。この機能のおかげで新しいスピーカーを追加しても、最適な状態で簡単にシステムに組み込むことが可能となります。

 

④ 5.1chサラウンドシステムも簡単に組める

Sonosはテレビ用のサウンドバーやサブウーファーも販売しており、この二つを用いることで3.1chのシステムを組むことができます。もちろん接続はワイヤレスでアプリから簡単にでき、リアに2つのスピーカーを追加することで5.1chのシステムに発展させることも可能です。

 

⑤ 部屋に置きたくなるデザイン

Sonosの製品は一つ一つがとてもおしゃれなデザインです。Apple製品のように、所有することに喜びを感じられるような美しさがあります。コードレスでつながり、製品自体もデザイン性が高い。IKEAとタッグを組んで製品を出していますが、このコンセプトがIKEAから認められたのでしょう。

 

高音質オーディオと言えば、大きな機材とたくさんのコードが必要というイメージがあると思います。

僕自身、カーオーディオにハマった時期があり、デッキの交換にスピーカーやサブウーファーの取り付け、アンプや電源、コードなどこだわって自分でシステムを組んでいたため、本格的な高級オーディオの世界への憧れもあります。

ただ、なかなか興味ない人に理解はしてもらいにくい高級オーディオに比べ、Sonosなら高いデザイン性の製品をコードレスで部屋に飾り、高音質な音楽に包まれながら、5.1chのサラウンドシステムを家族と一緒に楽しむことができる。自分だけでなく家族も満足度が高い音楽環境を作ることができるような気がしました。

スピーカーをちょっとずつ買い足し、システムの成長を感じながら日々包まれるような音楽体験に浸る。

そんなことができそうなSonosに魅力を感じています。

気になって眠れないのでSonos Oneを早速購入

Sonosには魅力的な製品がたくさんあるのですが、中でも代表的なモデルのSonos Oneを購入。

パッケージが美しく、開ける前に既に満足感。

セットアップもアプリからサクサクでした。

難しいという声もあるようですが、どうやらWi-Fiの5GHz帯の電波は使用できず、2.4GHzを使用する必要がある点を気をつければクリアできることが多いよう。そのほかの注意点に関しても公式ページに紹介されています。

Sonos製品を接続するには、ルーターが2.4GHzの信号を発している必要があります。デュアルバンドルーター(2.4GHzと5GHzなど)がある場合は、2.4GHzの信号を無効にしないでください。

https://support.sonos.com/s/article/126?language=ja

 

とにかく音がいい

今まではiMac内蔵のスピーカーで聴くことが多かったので、それと比較すれば当たり前だろと言われそうですが、中高音の抜けが良く、とても気持ちの良い音です。

低音はそこまでという意見が多いのですが、キレの良い低音が鳴ります。低音好きの方には物足りないのかもしないですが、これでも十分な低音で、うちはマンションなのでこれでも正直他のおうちのことが気になるくらいです。

 

BluetoothではなくWi-fi接続が良い

Wi-fi接続の方が音が良いというのもポイントですが、何よりいちいち接続が必要なく、スマホの音源とは切り離されるため、スマホの状態によって音楽が中断されることがないのが実際に使ってみて気付いた良い点でした。

簡単に流せて、あとはBGMとして流れ続けることで、音楽が生活の一部となり、とりあえず音楽を流すようになりました。

Sonosの導入で生活が急に音楽で満たされるようになりました。

 

どこで買うのが良い?

購入は公式サイトや楽天などで入手可能です。

公式サイトでセールをやっている場合もあるので要チェックです。

基本的には定価販売ですので、ポイント等ためている場合は楽天が良いかもしれません。

 

Sonosは2台目、3台目から本気出す

Sonos愛好家の皆様が口を揃えていうのがこのセリフ。ずるいですよね笑

1台でも十分高音質なのに、こんなこと言われたら気になって仕方ない。せっかく1台購入したのに、既に2台目が欲しくてうずうずしています。

多分買うんだろうなぁ。

 

Sonosは買って終わりではない、生活がより豊かになるような体験を提供してくれる製品だと思います。

皆さんもSonosが提供する音楽体験にハマってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です